HOME

北海道ツーリング
1996 傷心
1997 再来
1998 郷愁
1999 北端
その1
その2
その3
その4
2000 東端
2001 凜風
2002 双輪
2003 回想
2004 親交
2005 継承
2007 誤算
2008 継走
2009 軌跡
北海道情報リンク
ライダーハウス
持ち物チェック

スポット一覧
mebi's花人街道
リンク集
庄内の温泉
プロフィール

 
 
 
 

 

北海道ツーリング
苫小牧を出てからすでに5時間。ここ留萌に着いた時は午後4:00になっていた。もう少し走ろうかとも思ったが、この先は小さな町は点在するものの、何時間も原野が続く一本道。気温も15℃を割り始めている。今日はここで一泊することにした。
さて宿を探そうと思っていたら、一台のバイクがやってきた。偶然にも同じフェリーに乗っていたという会田さんという方。 「あ。庄内ナンバーですね!」と言う彼は山形ナンバーであった。偶然とは重なるものだ。北海道に上陸するライダーは多い。だが意外にも東北からのライダーは少ないのだ。北の地で同県人に会い、これも何かのご縁という事で、一緒に宿を探す事に。バイクはR6。最近話題のR1でなく、R6という所が彼のポリシーを感じさせる。北海道は始めてだそうだ。
留萌と言えば、訪れたライダーが泊まるのはここ。「みつばちハウス留萌ARF」だ。お隣の靴屋さんが受付。宿泊費はなんと無料。
2階建てビル全体がそのままライダーハウスになっている。道北を目指すライダーの中継地として訪れる数は多く、北海道経験
ライダーの間では有名な存在。1階が駐車場、2階が寝る場所。写真は2階の様子。とにかく広い。50人くらいは泊まれるのでは
ないだろうか。マットレスや毛布もあり、寝袋が無い人には嬉しい。2階での飲食、喫煙は禁止です。
会田さんと共に、夕飯を食べに外へ出た。しかし今日は日曜日で、どこの店も閉まっているのだ。駅前の観光案内所に行ったら
「居酒屋で良ければ」とおすすめの店を紹介して頂いた。居酒屋「将軍」である。残念ながら写真はないのだが、二人でウニや刺身といった北海の名物を楽しんだ。明日の予定を立てながら飲んだ。

戻って来ると、ミーティングルームではくつろいでいる二人がいた。左が鈴木さん。靴下が片方脱げてます(笑)右が日本一周中の本郷さん。単気筒のバイクで振動の多さに苦戦していた。この部屋には台所、洗濯機、冷蔵庫もあり、本当に旅の中継としてありがたい事が分かる。所狭しとびっしりと貼られた写真、メッセージ。古いものから今日書かれたものまで、歴史を受け継いでいくライダーハウスなのだ。これだけの規模のものは道内でも数少ない。この後、会田さんと銭湯へ行き、眠りについた。
留萌観光協会


▼じゃらんで宿予約
札幌エリア >>>
定山渓 >>>
石狩・空知・千歳 >>>
小樽・キロロ・積丹 >>>
ニセコ・ルスツ >>>
登別・苫小牧 >>>
函館・大沼・松前 >>>
稚内・留萌 >>>
旭川・層雲峡 >>>
富良野・美瑛 >>>
日高・襟裳 >>>
網走・北見・知床 >>>
釧路・阿寒・根室 >>>
帯広・十勝 >>>
離島の宿 >>>
 
キャンプ場予約