HOME

北海道ツーリング
1996 傷心
その1
その2
その3
その4
1997 再来
1998 郷愁
1999 北端
2000 東端
2001 凜風
2002 双輪
2003 回想
2004 親交
2005 継承
2007 誤算
2008 継走
2009 軌跡
北海道情報リンク
ライダーハウス
持ち物チェック

スポット一覧
めび屋
mebi's花人街道
掲示板 / BBS
リンク集
あしあと帳
庄内の温泉
プロフィール

 
 
北海道ツーリング1996
フェリーが揺れて目を覚ました。接岸の準備をしているらしい。どれくらい寝ただろう。あれほど 騒いでいた人達も静かに寝ていた。外は真っ暗で港の灯りだけが見えた。船内アナウンスが到着 を告げる。21:30、夜の室蘭市へ滑り降りた。港はとても静かだ。気温は15度くらいか。思ったほど 寒さは感じない。フェリーを後にし、街の中に行った。ところがライダーハウスが分からず、市内 をぐるぐる走る。これは野宿かなぁと思ったら、巡回中のパトカーを発見、道を聞こうと思ったが なかなか止まってくれない。

パトカーを追って走るのも妙な気分。結局交番まで追いかけ回した。 お巡りさんはとても親切で、丁寧に教えてくれた。おかげで、無事ライダーハウスに到着できた。 本に載っていたライダーハウス白鳥の宿。宿泊無料!ありがたい事です。表には数台のバイク。 でも中には寝ていらっしゃる方が1人きり。どこか行ってるのかなぁと思いながら一人でビールを 飲み始めた。少しすると、その2人が戻ってきた。何だか酔っている。どこかで飲んできたらしい。 意気投合して結局3人で飲み始め、室蘭の夜は更けていった。
みつばちライダーハウス白鳥の宿。近くのオーナーさんのお店、TEN-POPでハンバーグを食べよう!
翌朝7:00に起床。天候は曇りでまあまあ。外で準備をしていると昨日最初に寝てた人が顔を出す。 京都から来ている鈴木さんという大学生の方だ。一ヶ月間北海道を回ってきたという。『完全に 晴れないと動かないんです。』という彼は、すでに3日間ここに泊まっているそうだ。ほどなく 準備を終えると、3人に別れを告げ、進路を苫小牧へととる。いよいよ北海道の旅が始まった。 。

長距離ツーリングの汗臭さを解決!