HOME

北海道ツーリング
1996 傷心
1997 再来
1998 郷愁
その1
その2
その3
その4
その5
その6
その7
その8
1999 北端
2000 東端
2001 凜風
2002 双輪
2003 回想
2004 親交
2005 継承
2007 誤算
2008 継走
2009 軌跡
北海道情報リンク
ライダーハウス
持ち物チェック

スポット一覧
mebi's花人街道
リンク集
庄内の温泉
プロフィール

 
 
 
 
北海道ツーリング
〜 お世話になったお宅 〜

富良野の麓郷では約2ヶ月間、農家さんで仲間と共に収穫のお手伝いをした。 泥まみれになって仕事はきつかったけど、得るものは大きかった。朝早くから畑に出ては日が暮れるまで、広大な大地を相手にする北海道の農業は本当に大変です。野菜を見るたびに、収穫の苦労と皆さんの笑顔を思い出します。
千葉さん。 主にピーターコーン、にんじんの収穫をお手伝い

よくテレビのCMで、見渡す限りのとうもろこし畑を見るが、まさにそれ。前後にバケットを付けた ブルドーザーに次々と投げ込む。人海戦術で一本一本手でもぎ取る。一番糖度の高い早朝に 短時間で獲るのだ。毎日朝露に濡れた葉に顔を叩かれながら、汗だくになって働いた。そして獲ったものは、サイズ別に選り分けして富良野の選果場へ運ぶ。

にんじんの収穫もしました。写真は参考用で実際のものではありませんが、北海道のニンジン収穫は、こういうにんじん用のハーベスターという写真のような何人も乗れるもので収穫します。それだけ広大なのです。畑の中を自走しながら機械の先端が次々と引き抜く。自動で葉が切り落とされ、運転席後ろのコンベアに落ちる。後ろの2〜3人が流れてきたニンジンの泥を落としながら、商品価値のないものは畑に投げ、残りが流された先で袋詰めされていきます。本州では見られない光景。ずっと揺られていたため機械を降りても目がぐるぐる回った。

竹田さん。 酪農家さん。牧草の刈り取りをお手伝い。
広大な牧草地から刈り取った牧草を4tダンプに乗り、自宅のバンカーサイロに運んだ。これは発酵熟成させて、乳牛の飼料となるのである。この牧草には水分は厳禁。うっかり雨に濡れると、急激に発酵が進んで大きな熱を持ち、火災が起こる危険もある。昔は湿気で加熱発火してサイロ火災がよく起きていたといいます。今は塔のサイロではなく、塀を立てたようなバンカーサイロが多いそうです。夜は遅くまでごちそうになったのですが、雨が降ってきて緊急出動、サイロにビニールをかけ、濡れるのを防いだ。牛乳が最高に甘かった。

尾崎さん。タマネギ農家さん。収穫後の選別作業。
収穫してきたタマネギを選別機にかけ、サイズこどに箱詰め。理屈はカンタンだが大変な重労働。20キロの箱を次々と積み上げる。積み上げた総重量10トン。しかし途中からどうも体調が悪くて気持ち悪くなってきた。それでも我慢してたが、異常に悪寒がするので体温計を借りてみたら39℃。それでも夜はごちそうになる(笑)。ご主人とお母さんにはとても親切にして頂き、『こっちに来た時は必ずまたおいで』と言って下さいました。尾崎さん宅のタマネギは甘く、オニオンスープは調味料を使わなくても甘い味がするほどです。

どのお宅も家族皆さんで暖かくして頂きました。ありがとうございました。
↑緑がマサやん、白がクロケン。どちらも広島工業大学の学生で、チャリダーです。今夜も獲りたての野菜で食事。みんなで分担して調理だ。

縁あってここに集まり、畑仕事をしながらの共同生活。こんな経験や、こんな飯はそうそう味わえるものではない。秋になれば、このメンバーも日本全国に散らばり、二度と会えない人がほとんど。しかしここでの想い出が、きっと後にも先にも一番になることだろう。
やはり獲りたて野菜を使った鍋。

それに一人一品づつ足す半闇鍋状態。

鍋のカゲで見えづらいけど、サーモン

丸ごと、ちゃんちゃん焼き。
リュウちゃんのINAZUMA400。タイヤの太さといい、まるで大型バイクのよう。
ずっとバイトで手入れもできなかったので休みに洗車。

そろそろ9月も中旬。 Tシャツも肌寒くなる。
あと数週間で一気に気温
が下がり、大雪に雪が降る。