HOME

北海道ツーリング
1996 傷心
1997 再来
1998 郷愁
その1
その2
その3
その4
その5
その6
その7
その8
1999 北端
2000 東端
2001 凜風
2002 双輪
2003 回想
2004 親交
2005 継承
2007 誤算
2008 継走
2009 軌跡
北海道情報リンク
ライダーハウス
持ち物チェック

スポット一覧
mebi's花人街道
リンク集
庄内の温泉
プロフィール
 
 
 
 
北海道ツーリング
さよなら北海道
10月23日、金曜日。麓郷。午前5:00。気温は0℃ぐらいか。
辺りはまだ暗く、時折俺一人のログハウスを風が揺らした。身仕度を済ませ外に出る。寒い。薄氷を踏む音 が響く。なるべく音を立てないように、チョークを絞って暖機する。段々と東の空が明るくなる。辺りを冷たい 霧が包んでいた。荷物をつけ終えると、ログハウスを眺めながらタバコに火をつけた。漂う煙に2日前出発 していったカンちゃんを思い出した。

彼もまた長く居たこの地を後にするその日、最後のタバコを吸っていた。吸い終わるタバコの煙をふーっと吐き出すと、少し間をおいてこう言った。 『 いつもさあ、この瞬間が一番イヤ なんだよね。 』 その目は寂しそうに笑っていた。そして今日、全くその通りだと思った。出発する直前までは現在なのだ。でも今ここを離れる瞬間から、それは想い出に変わる。その境の時間は、何とも嫌なものだと。
名残を惜しむように、富良野路を走り出した。0℃の空気はわずかな隙間から容赦なく入ってきたが、その冷たさでさえ、どんどん想い出に変わっていく。きっとまた来るだろう。何度も。でも今年の経験は一生忘れ得ないものとなるはずだ。トラックに揺られて仲間と走ったこの道。両脇の畑を見ると今にも汗だくだった仲間が走り寄ってきそうだ。そして苫小牧までの途中、暖かいコーンスープを震える手で飲み干した。麓郷を出て3時間。約200km。苫小牧港フェリーターミナルに到着した。これで本当にお別れだ。 ブルーハィウェライン大洗経由東京行き『さんふらわあ・さつま』12000t。11:45出港。
フェリー通路と中央ロビー。暖かい船内でほっと一息ついた。東京までは30時間。
船内案内図。右はゲームコーナー。
右は2等船室。2等にも2つあり、短時間ならば窓のある広間で毛布など有料。船内泊となる長距離は窓のない中央の広間。無料で寝具が割り当てられている。今回は揺れ防止装置が効かないほど揺れに揺れた。まっすぐに歩けず、軽い船酔いにかかってしまった。ゲロ袋が配られるほどの揺れだったが、床に寝たまま静かにしているとスグによくなった。
フェリーの食事はあまり選べないうえに高い。旅費節約で30時間カップラーメン1個でしのぐ(笑)
間もなく東京。天候は雨。東京の友人訪ねてから、山形へと帰宅した。