HOME

北海道ツーリング
1996 傷心
1997 再来
1998 郷愁
1999 北端
2000 東端
2001 凜風
2002 双輪
2003 回想
その1
その2
その3
その4
その5
2004 親交
2005 継承
2007 誤算
2008 継走
2009 軌跡
北海道情報リンク
ライダーハウス
持ち物チェック

スポット一覧
mebi's花人街道
リンク集
庄内の温泉
プロフィール

 
 
 
 
北海道ツーリング
▼じゃらんで宿予約
札幌エリア >>>
定山渓 >>>
石狩・空知・千歳 >>>
小樽・キロロ・積丹 >>>
ニセコ・ルスツ >>>
登別・苫小牧 >>>
函館・大沼・松前 >>>
稚内・留萌 >>>
旭川・層雲峡 >>>
富良野・美瑛 >>>
日高・襟裳 >>>
網走・北見・知床 >>>
釧路・阿寒・根室 >>>
帯広・十勝 >>>
離島の宿 >>>
 
キャンプ場予約
 




足寄から1時間かからないぐらいでオンネトーに行ける。湖の色が時間で刻々と変わる不思議な眺め
で人気がある。阿寒湖へ向かうR241から右に入ると5kmほどで行ける。ただしR241は、25kmほど
足寄側の螺湾(らわん)から入る道道への入口にも「→オンネトー」の標識が出ている。R241と平行
に走る道でオンネトーの同じ場所へ反対側から来る道だ。しかしこの道はオンネトー付近の5kmが
未舗装でダートになっている。道幅も狭くオンロードバイクでは少しつらいので注意。↓


オンネトーは駐車スペースもあまりなく、夏は入れ替わりバイクや車で混雑する。吸い殻やゴミが
一つも落ちてないきれいな場所なので、これから訪れる人も自然保護に協力しよう。なお、トイレ
などの設備もないので、あらかじめ注意。

オンネトーから30分ほどで阿寒湖に到着する。この辺は夏でも気温が低いことが多いので、秋冬用
のウェアがあると重宝する。この阿寒湖の温泉街には共同浴場もあるらしい。

今もアイヌの血統が色濃く残る阿寒は、アイヌ独特の民芸品が豊富に揃っている。よく見かける熊の
木彫りなどもここには沢山ある。時代を反映してか携帯ストラップ用の民芸品も多数あり、買い求め
ると裏側に日付なども彫ってくれる。デザインもなかなかで1つ欲しいと思ったが、ちょっと高い(^^;

阿寒湖から屈斜路、摩周へと回る予定だったが、寒さと天気の悪さのため断念する。R240を北上し、
美幌の手前、津別から道道27号線で北見へと抜けた。走り詰めで空腹になっていたところに、回転
寿司を発見!ツーリングマップルにも載ってる「トリトン」だ。オホーツク独特のネタが多く、素材鮮度
も抜群だ。120円の皿でも大きく肉厚なネタばかり。北見市内から層雲峡方面へ向かうR39沿いの
左側にあるので、近くを走る時はぜひ立ち寄ってみては!

北見から石北峠を抜ける。道内でも屈指のこの峠は、大雪山を沿うように距離が長い。標高も高く、
いつも寒い。途中に層雲峡があるが、雨で止まりたくなかったので素通り。道が平坦になる上川
まで一気に走った。ここは上川にある「北の森ガーデン」峠道を下ってくると最初に目に入る休憩
ポイントなので立ち寄るライダーも多い。いろいろなお土産品も揃っているので、少し買い揃える
にも便利だ。

北見からは旭川を経由し、富良野、麓郷まで走った。いつもなら麓郷の「ウッディートムソン」に宿泊
するのだが、今回は布礼別の「B&Bふれべつ」にしてみた。元は布礼別農協だったけど、統合で
廃止され、空き家になったものをサフォークあいランドで買い取って民宿兼ライダーハウスにした。
麓郷から走ると布礼別は5分ほど。静かで何もないところなので混雑することも少ないハウスだ。
食堂も風呂もあるので大変便利。1階がライダーハウス。きれいなじゅうたん敷きだ。2階は民宿に
なっているのでベッドで寝たい人はこちらを利用してもいい。ライダーハウス800円、民宿としての
宿泊は3,500円から。

ライダーハウスの部屋はこんな感じ。浴槽も大きく一度に何人も入れる。