HOME

北海道ツーリング
1996 傷心
1997 再来
1998 郷愁
1999 北端
2000 東端
2001 凜風
2002 双輪
2003 回想
2004 親交
その1
その2
その3
その4
その5
その6
その7
その8
その9
2005 継承
2007 誤算
2008 継走
2009 軌跡
北海道情報リンク
ライダーハウス
持ち物チェック

スポット一覧
mebi's花人街道
リンク集
庄内の温泉
プロフィール

 
 
 
 
北海道ツーリング
夕方4時に「ライダーハウス丘」に到着。この時期、午後3時を過ぎた辺りから気温は急激に下がる。けっこう寒い。ジャガイモの倉庫だった建物がライダーハウスになっているので、中はとにかく広い。バイクまで余裕で入る。厨房の施設に風呂まで完備してあって快適度はかなり高い!ちなみに一泊800円。
この日は宿泊6名。女性が3名。うーむ、今回の旅は女性と居合わせる確率が高いぞ!などと密かに思いつつ荷下ろしをする。通路以外は床が高く作ってあり、ジュウタン敷き。各自が好きな場所に寝袋を広げ、荷物を置いた。
夜は湯を沸かしてホットウイスキーで宴会。左の方は酒蔵の杜氏を目指して酒造会社を探しながら旅をしているそうです。オーナーさんの差し入れてくれた寿司をつまみに大喜びなのは東京の方。ここに到着直前、Uターン失敗でコケたとか(^^;
女性は名古屋から。
こちらの女性は時間の都合で横浜から飛行機で北海道へ。札幌でレンタカーならぬレンタバイクでツーリング中。レンタルがあると話では聞いたことがあったけど、初めてレンタバイクを利用している方と会いました。右はオーナーさん。ちょうど地域の祭りがあったそうで、すでに酔ってらっしゃいます。最近はライダーが少なくなったと寂しげでした。
翌朝、早くにお二人が荷造りを始める。天気はそう悪くもないようだ。中標津に温泉付きライダーハウスがあると聞いて、道東方面へと旅だって行きました。
先に旅立つ人、見送る人。ライダーハウスではそんな光景が繰り返されます。
今日は富良野まで移動するだけです。いつも旅の前半は走るのですが、後半はゆっくり富良野で過ごすことにしてます。このライダーハウスは美瑛駅からまっすぐ走り、5分ほどで着ける場所なのですが、夕暮れになると看板が小さいために曲がる場所を見落される事もあるようです。   なんか太って見えるな(゚д゚;)