HOME

北海道ツーリング
1996 傷心
1997 再来
1998 郷愁
1999 北端
2000 東端
2001 凜風
2002 双輪
2003 回想
2004 親交
2005 継承
2007 誤算
その1
その2
その3
その4
その5
その6
その7
その8
その9
その10
その11
その12
その13
その14
その15
その16
その17
その18
その19
2008 継走
2009 軌跡
北海道情報リンク
ライダーハウス
持ち物チェック
スポット一覧
東北ツーリング
mebi's花人街道
リンク集
庄内の温泉
プロフィール

 
 
 
 
北海道ツーリング
ここ最北端の宗谷岬には、おみやげ屋さんと食堂があります。ここでしか買えないグッズや、特に何の役にも立たないけど最北端到達証明書をゲットできます!記念にぜひどうぞ。日付を打刻してくれますよ!
ここに来ると寒くて入ってしまう食堂。前回もこの海鮮ラーメン食べた気がする。おお、前と同じ味です。相変わらずイマイチです(^^; だってね、ラーメンに生のエビってどうなんでしょう(笑) 普通はボイルエビですよね。これって要するにラーメンなのに刺身が入ってるわけですよ・・・。
皆さんはどう思いますか?まあなんだかんだ言いながら毎回これ食べてるんですけどね (^^;
ラーメンで体を温めたら、宗谷岬から稚内へと戻ります。今日はオロロンラインを下って小樽まで行かなければならないので、あまりゆっくりもしてられない。早め早めに移動して行かないと着かなくなっちゃいます。
オロロンラインに入り、途中、利尻富士が見える展望台のあるところで休憩。でもあいにくの曇り空で、沖にある利尻島は見えませんでした。
しばらく行くと幌延町の風車群が現れます。実に総延長3kmにも及んで28基も並ぶオトンルイ風力発電所です。この道は絶えず強風が吹いているので風力発電には最適なんでしょうね。ゆっくり止まって撮りたかったんですが、先を急ぐので走りながら撮影。
羽幌の道の駅までやって来ました。宗谷からここまで170km。まだ先は長いですが高速ツアラー2台ですからペースは順調です。ここ羽幌の日本海沖には天売島があって、そこにオロロン鳥の繁殖地があることで知られています。保護活動が進んでいます。
小樽到着です。宗谷岬から350km。旭川でいったん別れた仲間と再合流。ここで京都から来た二人は今夜発のフェリーで帰っていきます。旅の思い出を肴に居酒屋で最後の飲み会です。小樽って運河の周りは華やかですが、街そのものはそんなに大きくありません。繁華街も酒田とあまり変わらない感じがしました。でもさすが、海の幸はおいしかったですよ。

実はここ、タクシーの運転手さんに案内してもらったんですが、車内で一緒になって話し込んでたら、着くまでメーターが空車のまま走ってたんです。着いて初めて 「 ありゃ!メーター下ろしてなかったよー!(笑) 」 と気づいて大笑い。計算してくれれば払いますと言ったんですが、いいんだいいんだ、たまにあるんだー(笑)と言いながら初乗り料金だけで帰って行ってしまいました。すいません(^^; ありがとうございました!