HOME

北海道ツーリング
1996 傷心
1997 再来
1998 郷愁
1999 北端
2000 東端
2001 凜風
2002 双輪
2003 回想
2004 親交
2005 継承
その1
その2
その3
その4
その5
その6
その7
その8
その9
その10
その11
その12
2007 誤算
2008 継走
2009 軌跡
北海道情報リンク
ライダーハウス
持ち物チェック

スポット一覧
mebi's花人街道
リンク集
庄内の温泉
プロフィール
 
 
 
 
北海道ツーリング
満足になったところで中標津からまっすぐ北上、開陽台へと向かいます。天気はますます快晴で絶好調。

開陽台へと続く長い直線で記念撮影。この辺りはこういう景色が珍しくありません。

開陽台に到着。やっぱり観光バスやら人が多いけど、そんなことは気にもせず上に行きます。 → 中標津町

階段の途中にある「 幸せの鐘 」です。この方向には北方四島がありますが、今日はそこまでは見えなかった。

建物のすぐ真裏にキャンプサイトがあります。夏はライダーで賑わいますが、9月にもなると夜の寒さもつらく寂しげな数です。

さて、そろそろ次へ行きます。最後に「ハイジの家」で少し土産物を選んでバイクへ。

開陽台から下るとスグ、東へと伸びる開陽北19号。いつも北海道で人気No1に選ばれる道です。雑誌にもよく載ってます。
倒れている人は見知らぬお方です。熱心に写真を撮ってました。お持ちのカメラもタダ者ではない感じがしました。きっとかなり
迫力の写真が撮れている事と思います。もしご覧になっていましたら写真を分けて欲しいです・・・(^^;

この道を突き当たりまで行って、さらにその先はもうオホーツク海。知床半島の付け根へと出ます。

いつも思うのですが、地名の入った道路標識は旅情をかき立てるものがあります。ここでしか見られないという意味では景色の
想い出以上に感慨深く、ああ、あそこを走ったっけなぁ・・・と事細かに思い出せるのでとても好きなんです。