HOME

北海道ツーリング
1996 傷心
1997 再来
1998 郷愁
1999 北端
2000 東端
2001 凜風
2002 双輪
2003 回想
2004 親交
2005 継承
2007 誤算
2008 継走
その1
その2
その3
その4
その5
その6
その7
その8
その9
その10
その11
その12
その13
その14
その15
その16
その17
その18
その19
その20
その21
その22
2009 軌跡
北海道情報リンク
ライダーハウス
持ち物チェック
スポット一覧
東北ツーリング
mebi's花人街道
リンク集
庄内の温泉
プロフィール

 
 
 
 


バイクは船の下層の甲板から順に並べられていく。乗り場で先頭に並ぶほど船の底の方から入れられるわけです。
一杯になったら上の階にまた並べられていきます。

ちなみに、先頭グループで船に入ると少し難点があります。船の下層、奥へ奥へと誘導されていくので、狭い通路を直角に曲がったり、時にはUターンしたり、はたまた急なスロープを下ったりと、教習所みたいにクネクネと船内を走る距離が長くなります。けして無理な通路ではないのですが、床に大きなボルトや段差があったりする部分もあり、不慣れな初心者ライダーにはちょっとプレッシャーに感じるかもしれません。焦らずともいいので、ゆっくり確実に進みましょう。

やっとフェリーへ乗り込み、部屋に荷物を置いて風呂に直行。ロビー周りの椅子やテーブルはあっという間に埋まってしまう。事前にコンビニで買い込んだ食事をここで食べるためだ。レストランも開始時間にはオープン待ちで行列ができる。

私たちはいつもレストラン。一人2,000円のバイキングに生ビールを追加したら3,000円は軽く越える。食事と思ったら高いけど、飲み会と思えば安上がりな価格だろう。出港直前のドラの音を聞きながら、明日からの北海道ツーリングに乾杯です!
食事後は船内をウロウロ。今日のラウンジショーは何だろう。
いよいよ出港の時間になった。フェリーの周りには曳航船がやってきていた。
曳航船がロープで引いてフェリーを離岸させ向きを変える。仙台港と周辺の街灯りがゆっくり流れていきます。いよいよ出港だ!
翌朝、天気が心配で早起き。そのままデッキに上がり外に出た。広がる青空に一安心。
後方は本州の方向。ちょっと雲がありますね。乗客の皆さんもだいぶ出てきました。
ラウンジの椅子にも起きてきた方々が座り始めました。そろそろ腹が減ってきたので朝食にしましょう。
ラウンジの軽食コーナーで出すモーニングセット。ちなみにレストランでは朝のバイキングもやってます。
10:45、苫小牧港に接岸。車両甲板への移動許可が下ります。固定ベルトは自分で取っても構いませんが、油だらけなので注意。
まず車が出終わってくれないことにはバイクは出られません。しばらく待ち時間です。下船してすぐに給油しました。



▼じゃらんで宿予約
札幌エリア >>>
定山渓 >>>
石狩・空知・千歳 >>>
小樽・キロロ・積丹 >>>
ニセコ・ルスツ >>>
登別・苫小牧 >>>
函館・大沼・松前 >>>
稚内・留萌 >>>
旭川・層雲峡 >>>
富良野・美瑛 >>>
日高・襟裳 >>>
網走・北見・知床 >>>
釧路・阿寒・根室 >>>
帯広・十勝 >>>
離島の宿 >>>
 
キャンプ場予約