HOME

北海道ツーリング
1996 傷心
1997 再来
1998 郷愁
1999 北端
2000 東端
2001 凜風
2002 双輪
2003 回想
2004 親交
2005 継承
2007 誤算
2008 継走
2009 軌跡
その1
その2
その3
その4
その5
その6
その7
その8
その9
その10
その11
その12
その13
その14
その15
その16
その17
その18
北海道情報リンク
ライダーハウス
持ち物チェック
スポット一覧
東北ツーリング
オンラインショップ
mebi's花人街道
リンク集
庄内の温泉
プロフィール



 
 
 
 
いよいよ北海道ツーリング出発の朝。天気は残念ながら雨交じりだった。いつものように コンテナボックスに全て入れてシートに固定。
ZZR1400での固定方法は2007年のラストページを参照して下さい。
最後にタンクバッグへケータイやらスグに使う小物を収納、忘れ物がないか確認して本当に出発だ。時間は10:00ちょうどだった。
今回はいつもと違うルートだ。ここ例年は仙台港からフェリーに乗っていたが今年は八戸港。真室川へと抜ける青沢ルートで北上。
あっという間に東北道の岩手山SA。時間は13:30。実はここまで3.5時間ずっと雨でカメラを出せなかった。しょうが焼きがうまい!
更に東北道を北上していく。同じく北西に流れる雨雲を追い抜いたせいか路面が乾いてくる。間もなく八戸道への分岐点。
14:00、八戸道へと入る。途端に道路はガラガラに空いていた。あと小一時間もすれば八戸へと入るだろう。
本当は八戸のビジネスホテル ででもゆっくり泊まりたいところだが、出発は22:00発シルバーフェリーの苫小牧行きなので、八戸に入ってすぐの新八温泉で温泉に入って3時間ほど仮眠をとった。静かで快適。18:30頃に起きると外は雨。雨雲に追いつかれてしまったようだ。
新八温泉からフェリーターミナルまでは15分もあれば着く。ちょっと早いが19:00に到着してゆっくり休む。無線LANもできるんだね。
待ち時間を利用して夕飯を施設内のレストランで済ませてしまう。さて何にしようかな〜。
結局ラーメンになっちゃうんだよね。
ここで何年か前からネットで知り合いになっていた工藤さんとバッタリと会った。どうやら同じような日程で北海道ツーリングに行かれるようだ。やはりお盆の時期は集中するので、友人、知人と会う確率も高くなるね。積込前のバイクはみんな乗り口付近に適当に並べていた。
21:30、バイクから先に積込が始まる。船内の数カ所に分けて固定される。新日本海フェリーと違って荷物は降ろさなくてもよい。
船室はいつも2等寝台を取っている。大広間は安くていいのだが、遅くまで起きている人もいたりしてなかなか寝付けない場合も多々ある。寝不足で翌日の体力を消耗しないよう静かな寝台を利用している。それと、船内の風呂は搭乗直後は混雑して入れない。空くのを待っていればこれまた遅い時間になってしまう。朝7:00着という少ない時間をなるべく睡眠に充てられるよう、事前に温泉に入り、また食事も済ませた訳だ。