HOME

北海道ツーリング
1996 傷心
1997 再来
1998 郷愁
1999 北端
2000 東端
2001 凜風
2002 双輪
2003 回想
2004 親交
2005 継承
2007 誤算
2008 継走
2009 軌跡
その1
その2
その3
その4
その5
その6
その7
その8
その9
その10
その11
その12
その13
その14
その15
その16
その17
その18
北海道情報リンク
ライダーハウス
持ち物チェック
スポット一覧
東北ツーリング
オンラインショップ
mebi's花人街道
リンク集
庄内の温泉
プロフィール



 
 
 
 
翌朝6:00、早めに起きてトイレ等も済ませてしまう。朝は一斉にトイレや洗面を使うので早くから済ませてしまうのがベストだ。詳しくはHowToページを見て頂くとして、この朝の天気は晴れとはいかないまでもまあまあのようだった。
しばらくデッキから海を眺めていると、他の人たちが少しざわめいていた。
おぉお!?なんか跳ねてるぞ!?あの背ビレは!
やっぱりイルカです!フェリーの後を遊びながら着いてくる。全部で10頭ほどの群れ。5〜6分ほどで離れていった。最高の見送りだ!
船はもうすぐ苫小牧に到着する。遠くにコンビナートが見えてきた。
船のあちこちでも接岸のための準備が慌ただしく始まってきた。そろそろ部屋に戻って荷物をまとめよう。
接岸から15分。最初に車を降ろしているため、バイクはまだ少し後回しだ。同じ寝台ルームになったお二人のライダーさん。
苫小牧の港。早く走り出したいねぇ・・・。
30分経ってもバイクの客だけお呼びがかからない。もう他の客は誰もいなくなった(笑)
やっとバイクを降ろせたが、時間は7:50になっていた。せめて30分程度で降ろして欲しいのだが・・・まあ仕方ない。これでも昼に到着する太平洋フェリーよりはずっと早く行動できるので良しとしよう。
初日の目的地は道東の弟子屈だ。まずは苫小牧から日高自動車道で平取町まで一気に移動、そこから一路、襟裳岬に向かう。
上空は晴れているのだが、もうもうと海から流れてくる海霧が時折陽射しを覆い尽くしてしまう。
浦河を通るこの沿岸ルートはサラブレッド銀座としても有名で、去年は乗馬も楽しんだが今年は通過するだけ。
相変わらず海霧が陸へと流れ続けている。メットもウェアも水滴ですっかり濡れてしまっている。こりゃ冷たいぜ・・・。
やっと襟裳岬の看板が見えてきた。相変わらず霧が道路を覆っていた。
あと少しだ。考えてみたら襟裳岬に来るのは2000年のツーリング以来だから9年ぶりだ。あの頃はオレ細かったなぁ(笑)
などと思い出しつつ、この丘の景色を越えたら襟裳岬はもうすぐそこだ。