HOME

北海道ツーリング
1996 傷心
1997 再来
1998 郷愁
1999 北端
2000 東端
2001 凜風
2002 双輪
2003 回想
2004 親交
2005 継承
2007 誤算
2008 継走
2009 軌跡
その1
その2
その3
その4
その5
その6
その7
その8
その9
その10
その11
その12
その13
その14
その15
その16
その17
その18
北海道情報リンク
ライダーハウス
持ち物チェック
スポット一覧
東北ツーリング
オンラインショップ
mebi's花人街道
リンク集
庄内の温泉
プロフィール



 
 
 
 
16:00、苫小牧の街に入る。出港は新日本海フェリーなので、街から20kmほど離れた東港になる。
日高自動車道で浦河方面へ
厚真ICで降りれば、まっすぐフェリー埠頭だ。
17:00、新日本海フェリーの苫小牧ターミナルに到着。 ・・・着いちゃったなぁ。
19:30発、秋田行き。予約してあるので搭乗券と引き替える。
お盆休みも終わりとなる週末。北海道を離れる帰省客、観光客、そしてライダー。一年で一番混んでるのが今日だろう。
すでに船はスタンバイ。着々と出港の準備が行われている。
のん君とフェリーをバックに記念撮影。
秋田行きのレーンにバイクを並べている。この船は新潟、敦賀へと寄港する。
バイクの数も相当増えた。しかしこれだけライダーがいても、ターミナルで声をかけられた事はないんだよね(^^; 不思議。
18:00すぎ、バイクの積込を開始するアナウンスが流れる。 あー、いよいよ本当に今年も終わるな・・・。
先頭から順に少しずつ船に入っていく。
行き先によって並べられる船倉は違う。秋田は最初に降りるため比較的浅い階層に置かれる。
そして新日本海フェリーでは、荷物は全てバイクから降ろさせられる。これがまた面倒なんだよね。
さらに、いつも思うんだけど新日本海フェリーって、乗ってからカウンターで部屋の振り分けをされる。グループや家族の場合は代表者だけでいいのだが、他のフェリー会社は発券時に既に部屋は決まっているのに、どうして発券後にまた受付をするという二度手間をするのだろう。いろんな意味で新日本海フェリーは面倒でイライラさせられることが多い。安くていいのはいいんだけど・・・客の側に立って改善してほしい。
出港を待つ夕暮れの苫小牧東港。