HOME

北海道ツーリング
1996 傷心
1997 再来
1998 郷愁
1999 北端
2000 東端
2001 凜風
2002 双輪
2003 回想
2004 親交
2005 継承
2007 誤算
2008 継走
2009 軌跡
その1
その2
その3
その4
その5
その6
その7
その8
その9
その10
その11
その12
その13
その14
その15
その16
その17
その18
北海道情報リンク
ライダーハウス
持ち物チェック
スポット一覧
東北ツーリング
オンラインショップ
mebi's花人街道
リンク集
庄内の温泉
プロフィール



 
 
 
 
翌朝6:30でホテルを出発。今日はオホーツクに抜けた後、稚内まで走らなければならない。朝は早めに出ることにした。
摩周に来たなら、見るべきはもちろん摩周湖だろう。ここ最近は道東に来ても行ってなかったので今回ちょっと立ち寄ることにした。
とはいえ、まあ予想はしているのだが・・・夏の時期はまず霧で見えないんだよね。
写真の露出で白く飛んでいるのではありません(笑) これは全部霧です。やっぱりな〜(^^;
見えるのは近くの木々だけ・・・。秋になればきれいに見れる日が多い。過去そうでしたが9月のツーリングでは結構見れますよ。
ここ数年、急激に摩周湖湖水の透明度が下がり始めている。主に年間20万台と言われるマイカーなど観光客の排気ガスが原因ではないかと言われている。近年、これを受けて夏のハイシーズンだけ自家用車での立ち入りを禁止するという実験的制限を実施している。そのときは数キロ手前で専用のシャトルバスに乗り合いで往復するしか手段がなくなる。夏に行く場合は摩周湖のホームページで確認しておこう。
さて、今日は先が長い。早めに移動しよう。
摩周湖は周囲が切り立った崖のため湖面に降りられない。周辺の道路は標高の高い山岳道路となっている。雲海が素晴らしい。
下まで降りてきたら、今度は隣にある屈斜路湖へと向かう。昼もそうだが特に夜間や早朝は鹿の飛び出しに注意!本当に多いのだ!
火山性の蒸気を噴き出す硫黄山。たしか98年のツーリングで行ったなぁ。
7:30、屈斜路湖に到着。朝早いため、ここもまだ閑散としている。
屈斜路湖。広大なカルデラ湖です。 ・・・それにしても何だこの穴だらけは?
なるほど・・・それで砂浜が掘りまくられてボコボコになってるのですね(笑) しかし掘ったら埋めりゃいいものを・・・。
屈斜路湖からは一路、美幌峠を目指す。だんだんすれ違うライダーも出てきた。
このルートで稚内方面へと向かっていく。
屈斜路湖から美幌峠へと向かう。いつもライダー達の間では上位にランクインされる、道内でも人気の絶景スポットだ。
8:00、美幌峠に到着・・・・ガスで何も見えねぇ・・・ (;-_-) 絶景見れず。 ぐるっとパノラマ美幌峠
しかたない・・・ここはスルーして先に向かうしかないな(^^;