HOME

北海道ツーリング
1996 傷心
1997 再来
1998 郷愁
1999 北端
2000 東端
2001 凜風
2002 双輪
2003 回想
2004 親交
2005 継承
2007 誤算
2008 継走
2009 軌跡
その1
その2
その3
その4
その5
その6
その7
その8
その9
その10
その11
その12
その13
その14
その15
その16
その17
その18
北海道情報リンク
ライダーハウス
持ち物チェック
スポット一覧
東北ツーリング
オンラインショップ
mebi's花人街道
リンク集
庄内の温泉
プロフィール



 
 
 
 
次は麓郷の森に来ました。思い起こせば1996年、26歳で初めての北海道ツーリングで訪れたのもここだったなぁ。
はしゃぎまくる、のん君。
あの時もここが見たくて来たっけなぁ。
前は入れたのだが・・・確かにあれから14年。想い出と共に月日の流れを感じる・・・。
ショップに寄ってみましょう!
お、なーんか良さそうなTシャツもありそう。私は、というか男はTシャツが大好き。妻には数が多すぎだと言われます(;´_`;)
いろいろな富良野グッズがあって、しかもなかなかイイ!
みんなで種類が被らないように、それぞれ好きなTシャツをGETした!
のん君、「 お!このポスター随分安いんじゃね?これいいよ! 」 と富良野の景色のポスターを何本も買い込む
ところが安いと思い込んでいた価格はポスターを入れるケースの値段だった!予想外にビッグな買い物になって撃沈!
同じく麓郷、北の国からのロケ地となって、放映終了となった今も進化を続ける 「 拾ってきた家〜やがて街 」 だ。 施設情報
純と結の家。よく見ると大型バスを再利用して作られた家だ。
黒板五郎の言葉
中も見学できます。バスの座席と窓が室内になっているのが楽しい。
真ん中は厨房とカウンター、バスの正面側も畳敷きの部屋と窓になっていた。
原作の文章が一部紹介されている。倉本聰さんの自筆原稿の写しかな。
正面からみたところ。

同じ敷地内に、私の北海道ツーリングの起点となって今も通い続ける 「 サフォークあいランド 」 さんがある。
( ※ 残念ながら2012年9月に閉店となりました。布礼別のB&Bスタイルの宿は営業しています。)

RYUさんはビールが飲みたくて仕方ない様子(笑) レンタカーってこういうとき便利だね!
サフォークあいランドさんで管理しているライダーハウス。今も健在で、私も未だに時々利用する。中二階でログハウス調。おすすめ!
麓郷はいろいろ見るところが凝縮されている。そしてお腹が空いたらサフォークあいランドで焼肉、ラーメン、カレーをどうぞ!
夕方、市内のスーパーで夕食を買い込む。今日は外食せず宿で飲みながら宴会をしようということになった!
というわけで意味もなくバンザイをさせたりする。乾杯だ!
やっぱり海の幸は欠かせない!
今日も一日、あっという間に過ぎたけど楽しい内容でした〜。 いよいよ明日は富良野を離れ、北海道ツーリング最終日となる。